PROJECT

自分の世界を広げる、新しいデザインとの出会い
有限会社李荘窯業所・寺内信二代表

極上のテーブルウェアの創作を通じ、食と陶器の関係性を模索し続ける「李荘窯業所」。全国有数の焼物の里・有田に工房を構え、60年以上にわたってレストランで用いる陶磁器を制作してきました。最新のデジタル技術を取り入れながら、海外からのオーダーも受注。カスタムメイドの磁器作品は世界の有名店で用いられています。今回の展示会ではプランターとカップを発表しました。

有限会社李荘窯業所

代表 寺内信二 さん

協業で生まれた新たなデザイン

いつもは私がデザインを担当しますが、今回はデザイナーの今井さんに全面的にお任せしました。今井さんは、私とは着眼点や発想がまったく違うので、完成したプロダクトを見るとはっとさせられます。もし自分でデザインをしていたら、このアイデアは出てこなかったと思います。

例えば、この背が高いプランターの場合、私なら脚の部分を安定させようと考えて、もっとどっしりとした安定感重視のデザインをするはずです。それを、今井さんはすっきりと、かわいらしく仕上げられている。そんな私にない感性に大いに刺激を受け、職人としてたくさん勉強させてもらっています。良い意味で「有田焼らしくない」作品が完成しました。今井さんと組んで本当に良かったですね。

色が異なると、同じデザインでも雰囲気がまったく変わります。植物や置く場所、使われるシーンによって色を変えてもいい。私たちは有田焼特有の「染付け」という伝統技法を得意としているので、例えば脚の部分だけ、白地に青で手書きの絵付けを施してもいいのかもしれません。インテリアの一部として、ほっこりと癒される存在になればうれしいですね。

このデザインには仕掛けがあり、水抜きの問題をクリアするために、上部と下部が取り外しできる構造になっています。ここに水を入れておけば、必要な分だけ植物が水を吸い上げてくれるというわけです。なかなか便利でしょう?

見て、使って楽しめる作品

カップの制作では、和紙の質感をイメージした「クラフト感」と、繊細さを表現する「透け感」を追求しました。手に触れた瞬間はもちろんのこと、大事なのは飲み口の部分です。普段は釉薬を使いますが、今回はいっさい釉薬を使わず土をそのまま焼きしめ、つるつる・ツヤツヤの質感に仕上げています。この素材だと、汚れもつきにくいんですよ。

今後はタンブラーやもう少し背の高いグラスも制作予定です。高さが出ると「透け感」が際立ち、見た目に映えるでしょうね。表面に凹凸のある素材なので、ビールを入れた時は泡がなめらかになり、キレがよくなります。手に触れる時と飲む時、その両方の楽しみを感じていただけると思います。

ギフトボックスは、急須もセットにして「茶箱」にしても良いのではないでしょうか。ふたをひっくり返すとお盆がわりになって、RISOの急須で嬉野茶を淹れて、ゆっくりと楽しむ。贈答用としても人気が出ると思います。

互いの仕事に刺激を受けながら

「SAGA COLLECTIVE」のように、異業種が集まること自体がきわめて特殊な状態です。そうしたなかでうまくプロジェクトが進んでいるのは、互いの仕事に敬意を払いながら、程よい距離感で制作が進んでいるからでしょう。

展示会にとどまらず、このメンバーでリアルな店舗を持つのが私たちの夢なんです。空間やしつらえ、食事、お酒、すべてがそろった「SAGA」ブランドの店舗を、まずは佐賀県内にオープンしたい。うまくいけば、東京やニューヨーク、海外にも展開したい。そうなると、一つひとつのプロダクトがますます重要になることは間違いありません。

これからは、自然も食材も豊かな九州の時代です。来年度以降もこのチームで継続して活動して、夢を実現したいですね。