株式会社徳永製茶

うれしの茶株式会社徳永製茶
徳永製茶は、1947年の創業以来、自社で製造販売を行う
産地製茶問屋としてうれしの茶の発展と共に歩んできました。

徳永製茶は日本茶を世界中にに広めたいという使命を抱いています。嬉野にある「茶荘徳永」では、バラエティ豊富な極上の日本茶を買い求めることができます。一連の製品は、店舗に隣接した清潔な自社工場で丹精を込めて加工されるものばかりです。

三代目の德永和久は家業を継ぐ以前は、システムエンジニアだったという異色の経歴の持ち主。そんな彼は、ダンスや音楽の勉強のために滞在していたアイルランドである発見をしました。それは、お茶を愛飲する習慣が根強く残る海外の諸国と日本とを比べたとき、共通する楽しみ方もあるし、反対にまったく異なる点もあるということでした。そして痛感したのは、さまざまな嗜好を持つ人びとに受け入れてもらえる日本茶を、世界という広いテーブルに提供することの重要性でした。徳永製茶の持ち味は茶葉の特性を見極めた火入れ(焙煎)の技術にあります。常に生産農家とも意見を交わしながら、愛飲家たちの求めるお茶づくりに励み、国内外のコンテストにおいても数多くの受賞歴を有しています。

店内では極上の緑茶をはじめ、紅茶、ハーブ入り緑茶などを取り揃えており、中でも嬉野独特の毬のように茶葉が丸まった蒸し製玉緑茶は人気があります。また伝統的な釜炒り製玉緑茶は、昔ながらの製法で仕上げています。加工する際に使っているのは、年季の入った徳永製茶自慢の直火焙煎機。温度計がついていない年代物の機械を職人技で使いこなし、茶葉を絶妙な炒り加減に仕上げています。そのほんのり香ばしく、やわらかい旨味とほどよい苦味が相まって、上品な余韻が印象的です。一方の蒸し製玉緑茶は、翡翠のような鮮やかな色と、深い旨味と爽やかな味わいです。

株式会社徳永製茶

〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙1938