丸秀醤油株式会社

醤油・味噌丸秀醤油株式会社
創業1901年、丸秀醤油は佐賀県で唯一、
伝統的な天然醸造によって製品を作っている醤油蔵です。

丸秀醤油の看板商品となっている「自然一醤油」に使う大豆は、栄養分が豊富に含まれた選りすぐりの丸大豆。地元佐賀県産小麦と、自然海塩とともに天然酵母によって仕込んでいます。

醤油作りに用いるのは、まるごとの大豆のみ。ほとんどの醤油は、低価格で加工がしやすい脱脂大豆を用いていますが、丸大豆はしっかりしたコクと高い甘みをもたらしてくれます。

地元佐賀県産の全粒粉は、工場内で釜炒りし、挽いたもの。また、ほとんどの日本の醤油は市販の酵母菌を用いており、加水分解した大豆でんぷんや着香料など化学合成した材料を加えて工業製品のように作るメーカーもあります。一方、丸秀醤油では、職人の勘を頼りに長年の経験によって実証されてきた醸造の仕方を今も守り続けています。もろみはすべて手作業で仕込まれ、何年もかけてゆっくりと熟成。こうした長い工程を経て、「自然一醤油」独特の深みがあってまろやか、かつ、旨味たっぷりの味わいへと仕上がります。発酵が終わったもろみは、布袋に詰められ、やさしく醤油が絞られていきます。

火入れをする前のしぼりたての生醤油は、まるでワインを思わせるフルーティさ。これは毎年10月、一般向けに開催する蔵開きの限られた期間だけでしか手に入りません。火入れを施した「自然一醤油」は深みのある褐色。その味は甘みとキャラメルのような香ばしさとが、絶妙に調和しています。醤油のほかに、丸秀醤油はさまざまな種類の味噌をはじめ、新しい材料を用いた製品も作っています。例えば、キヌアで仕込んだグルテンフリーの味噌など。こうした革新的な製品は、丸秀醤油六代目秀島健介の創意によるもので、雑穀を用いた舌触りのよい「丸秀十穀味噌」作りのノウハウを巧みに応用しています。

丸秀醤油株式会社

〒849-0921 佐賀市高木瀬西6-11-9