株式会社小野原製茶問屋

うれしの茶株式会社小野原製茶問屋
日本屈指のお茶どころ佐賀県嬉野で、
小野原製茶問屋は、県下随一の生産者が育てる
最高品質茶葉を焙煎加工し販売しています。

小野原製茶問屋は小野原栄太郎が1947年に創業し、現在は三代目の小野原栄信が受け継いでいますが、世代が変わっても大切にしているのは長年培ってきた生産農家とのきずなです。茶畑へもひんぱんに足を運び、生育状況を確かめながら、最高品質のお茶を吟味しています。仕入れた茶葉は、それぞれのお茶の持ち味を生かし、自社工場で加工。売店のカウンターでは、女性店員が子どものころに覚えた茶摘み歌などを交えながらおだやかに応対してくれます。

小野原製茶問屋は六百年以上におよぶ製茶の歴史を大切にしており、嬉野ならではの釜炒り製玉緑茶と、蒸し製玉緑茶という茶葉が丸まったお茶を製造しています。かつては釜炒り製玉緑茶はうれしの茶を代表するものでしたが、近年は蒸し製玉緑茶を手掛ける生産者が増え、釜炒り製玉緑茶は稀少な製品となっています。小野原製茶問屋では、生産者と手を携え、甘みが際立った伝統的な釜炒り製玉緑茶をふたたび広める取り組みを行っています。また、蒸し製玉緑茶にも同様の熱意を注いでいます。

この二種類のお茶はいずれも品評会での受賞歴があり、淹れると淡い金色をした釜炒り製玉緑茶は、香ばしく、品のある旨味、そしてかすかな甘みが特長です。いっぽうの蒸し製玉緑茶は、鮮やかな若葉色をしており、爽やかな香りとさっぱりとしたコクと甘みが口いっぱいに広がります。小野原製茶問屋は次世代にお茶文化を継承するさまざまな取り組みにも力を入れています。

株式会社小野原製茶問屋

〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿丙2295-6